PBR(株価純資産倍率)とは

更新日:

PBR(株価純資産倍率)とは「Price Book-value Ratio」の略で計算は株価をBPS(一株当たりの株主資本)で割れば算出される指標です。

株価÷BPS(一株当たりの株主資本)=PBR

PBRはPERと並んで割安銘柄を発掘して投資する「バリュー投資」によく用いられる重要な投資指標です。

PERは企業が生み出す「利益」をもとに株価が割安か割高かを計算しているのに対して、PBRは企業が持っている「純資産」をもとにして、株価がどの程度評価されているのかを示しています。

PBRは株価を一株当たりの株主資本で割ったものなので、PBRが一倍以下ならば、その会社の発行済み株式を全部買い占めた後、会社を解散させて保有資産を現金化すれば、利益が得られることを意味します。

しかし、会社を解散させた場合は社員への退職金の支払いや保有資産を帳簿通りの価格で売却出来なかったりすることも考えられるので、すぐさまその企業の株を買うのは早計です。

企業が保有する資産がどのようなモノなのかも重要になってきます。工場や不動産などのすぐに売却するのが難しい、またはすぐさま売却しなければならない場合は評価額よりも低い価格で売却を余儀なくされるものには要注意です。

また企業は保有する他社の株式にも注意が必要です。企業が保有する株式はたいていの場合発行済み株数の数パーセントと大量に保有している場合があります。この場合は株式を大量に売りに出すと株価の下落を招きますので、どうしても評価額よりも低い価格での売却となってしまいます。

 

このようにPBRが一倍を割っているからといって、全ての企業が割安と言うわけではありません。その企業が持っている純資産をよく精査しなくてはなりません。

逆に保有している資産が現金の比率が高く、安定した業績をしているのにPBRが低い企業は企業買収の標的になりやすく、大型企業の子会社などの場合にはPBRが一倍を割り込むようならば買われる傾向にあります。

-ファンダメンタル分析

Copyright© 株の学校 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.