株の税金

更新日:

株に関する税金は大きく分けて二つあります。

  • 株の売買をして利益が出た売却益に関する税金(キャピタルゲイン課税)
  • 保有している株の配当に関する税金(配当課税)

この二つに関して税金を支払う義務があります。

配当課税もキャピタルゲイン課税も税率は同じです。

税率は平成25年(2013年)までは所得税7%と住民税3%の軽減税率10%が適用されていますが、平成26年(2014年)1月1日からは本則の20%に戻ります。また、平成25年1月1日からは所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が付加されています。そのため、平成25年12月31日までの税率は10.147%(所得税及び復興特別所得税7.147%、住民税3%)になり、平成26年1月1日以後の税率は20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)になる予定です。

株の税金 SMBCフレンド証券のウェブサイトからの抜粋

キャピタルゲイン課税

その年の1月1日から12月31日までに発生した利益から売買委託手数料などを差し引いた金額に対して掛かる税金のことをいいます。

株を長期で保有している方などは、保有している株が値上がりしていても、含み益の状態は課税されることはなく、保有株を売却して利益を確定するまでは課税はされません。

利益が出ている株を売却した年に課税されます。

配当課税

株を中長期で保有し続けている方や、権利日に株を持ちすなどして企業から配当を受け取った方などに課税されるものを配当課税といいます。

配当課税に関しては、2003年4月から配当金がいくらであっても、受け取り時に一律で源泉徴収されるようになり確定申告の必要はなくなりました。

ただし個人で発行済み株式総数の3%以上の株式を保有している大口株主は確定申告をしなければなりません。

 源泉徴収ありの特定口座がおすすめ

源泉徴収ありの特定口座を開設している場合などは証券会社が投資家にかわって納税をしてくれるので、投資家は何もしなくても良いことになっています。

しかし、特定口座源泉徴収なしの特定口座や一般口座ですと、年間の利益が20万円を超える売却益を得た場合は自ら確定申告をしなくてはなりません。

源泉徴収ありの特定口座にはメリットが沢山あるので多くの方が利用しています。詳しくはこちらの記事をお読みください。

-税金

Copyright© 株の学校 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.